2022年新茶シーズン到来


八十八夜も過ぎて本格的に一番茶シーズンとなりました。

私たちの園でも煎茶の収穫(摘採)がまもなく終わりとなります。


これからは私たちの地域では碾茶シーズンとなります。

碾茶とは抹茶の原料になるお茶で、一定期間茶畑に覆いをして栽培します、なので露天で栽培する煎茶より成長速度も遅くなり収穫期間もその分遅くなります。


このように一口にお茶シーズンといってもシーズン内で徐々に作るお茶も変化していきます。



短いようで長い。けれどやっぱりあっという間なお茶シーズンは面白いです、、、、!








最新記事

すべて表示

荒茶とは製茶後すぐの仕上げ加工をしていないお茶のことで、茎や少し枝などなどが混じっているお茶です。 畑の個性などもより楽しめるのですが、仕上げ茶の方が保存性なども高く農家ならではのお茶ともいえます。 2021年産は在庫がなくなりましたので販売終了いたしました。 仕上げ茶の花煎茶は引き続き販売しております。 それでは。